【大人向けアニメ】Netflix独占配信『Super Crooks(スーパー・クルックス)』が面白かった!!

こんにちは。ぼっちバイカーです。

時間があるとき、僕はたまにNetflix独占配信作品からサムネイルだけ見てビビッと来たやつをジャケ視聴(?)しています。

Netflixサブスクしている方で共感してくれる人がいると嬉しいのですが、「ネットフリックス独占配信のアニメってつまらない作品多い」気がしませんか?サムネとか世界観はワクワクするんだけど数話見るとつまらなくて、最後まで面白くならない。ここ数年ずっとそんな感じでした。(もしかしたら例外で面白い作品があったかもしれないけど覚えていない・・・)

でで。久しぶりに「Netflix独占配信アニメなのに面白い!」となって、しかもまだあんまり知られていない作品なのでブログで紹介させてください。

作品タイトルは『Super Crooks(スーパー・クルックス)』デス。

スーパークルックスの意味は「すごい詐欺師たち」。crook(クルック)の意味は詐欺師。

この記事は公式ページ程度のネタバレが含まれます。がもしこの作品に興味があるのであればこの記事を閉じてすぐNetflixで見てきてください!一言でいうと「スーパー・クルックス面白いから見てみて!」なので。
OK?

Netflix独占配信『Super Crooks(スーパー・クルックス)』が面白かった

映画の「キック・アス」とか「キングスマン」は観たことがある方が多いと思いますが、このスーパー・クルックスの原作はこれらの映画の原作者でもあるマーク・ミラー。DCコミックスとかマーベルコミック(アヴェンジャーズとかいろいろ)でも有名な原作者で、この『Super Crooks(スーパー・クルックス)』もそんな作品の一つです。

Super Crooks

原作のコミックは多分これ。

スーパー・クルックスは大人向けな作品

いわゆる「超能力ヒーローもの」ですが色々なところが、タイトルでも書いた通り「大人向け」なアニメです。

例えば・・・

  • 主人公はスーパーヒーローではなくヴィラン(悪者)
  • ユニークで圧倒的なパワーがあるわけでもない平凡(?)な超能力を持った主人公
  • 登場するキャラたちは基本アラサー
  • アメコミ的な表現や映像美(制作は日本アニメ制作会社ボンズ)
  • 音楽は北海道出身の超有名なDJ TOWA TEI
  • エッチな描写とそれ以上にグロいシーン、でもギャグテイスト
  • ピエール瀧が声優やってる

スーパーパワーをもって大人たちを圧倒するキッズ(笑)なんて出てこないし、演出も日本の流行りのアニメのような”わかりやすさ”もない。

一番象徴しているのはオープニングで、ちょうどNetflixがYoutubeに公開しているのでぜひチェックしてみて!

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/6Sby8-UDIa4″ title=”YouTube video player” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

踊っている女の子(ケイシーちゃん)のセクシーさもさることながら、映像の雰囲気や音楽も”わかってる感”あって最高にクール。誰も走らないし、青春、努力、根性みたいなのとも無縁。かっこいい!

ヒーローが飽和してヴィランが圧倒的に不利な世界の話

世界観が個人的に好きだったのです。よくある「若者がヒーローを目指して成長する作品」ってもう見飽きたっていうか、またかってなるんですよね。僕たちの世界にヒーローはいないけど、映画やドラマの中では数えきれないほどいるし、能力やらなんやらでややおなか一杯気味なんです。

そんな現代を皮肉するように、スーパー・クルックスの世界では「能力を発症した人たちがヒーローを目指しぎて競争が激化する社会で、ヴィランが圧倒的に不利な社会」になっています。ヒーローアカデミアっていうジャンプ漫画がありますがまさにアレ。ヒーロ志望者が多いんです。

能力で何か悪い事すればすぐヒーローに見つかってヴィラン専門監獄行き。いまだにヴィランを目指す人間は「リスクと稼ぎが見合っていないことに気づかないバカ」と「ヒーローが少なかったヴィラン黄金期に大成功したおじいさんたち」だけ。主人公はもちろん前者です。

ヒロインのケイシーがかわゆすぎる!

アラサーのおっさんたちが主人公の中に、唯一の紅一点が主人公のガールフレンドのケイシー。冒頭のOPで踊っている子です。

ケイシー:坂本真綾

スペック高いけど実は過去のこともあったりとしっかり深堀されてて、魅力的なヒロインでした!あととってもえっちだった!!

ボンズのアメコミタッチだけど日本人でも楽しめるちょうどよい感

原作がアメコミ(でいいのかな)のアニメなので、ところどころがアメコミアニメテイストなんです。

ワンシーン。右のおっさんとかアメコミアニメにでてきそうでしょう?

特にヒーロースーツを着ているキャラクターの「アメコミ感」の再現度が凄い。でも通常パートとかは日本のアニメって感じなので最後まで違和感なく楽しめました。

これとかもいかにもアメコミって感じ

スーツ着て戦うパートとドラマパート、どちらも魅力的で楽しい。

あと声優さんもかなり大御所で安定感あるので安心してみていられた気がします。

敵も味方もキャラが深堀されていて魅力的

目の前のに現れるガチのスーパーヒーローに対し、今持っているカードで戦うしかない平凡な能力のアラサー?主人公たち。アラサーにもなると勝ち目がない無謀な戦いはしない代わりにいろいろと調査してできるベストな計画を立案する。相手のほうが明らかに格上だけど、采配を工夫したり頭を使った作戦勝ちみたいな結構泥臭いやり取りも多いです。そういう自分たちの強みを最大限使って何かやる、みたいな感じが「能力バトルに頼らない楽しさ」があってよかった。

敵も味方も能力はもちろんですがそれ以上に性格とかバックグラウンドとかが深堀されるので、エンディング観終わってからどのキャラも愛着がわくんですよね。善悪だけじゃなくてどちらの気持ちもわかる感じも大人な作品だなと感じました。

タイバニとか大人になったワンピース的な感じ?

「TIGER & BUNNY(タイガーアンドバニー)」に似てるなって思いました。ストーリーではなく世界観や雰囲気が。あとは同じ詐欺師を扱う「GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)」にも似ていますが、あちらはもう少しご都合主義だったかな。あれをもっと胡散臭く泥臭くしたのがスーパー・クルックスだと思う。

主人公たちはヴィランですが、人殺しはしない主義だったりとヴィランなりの流儀があるんですよね。その辺はワンピースのメンバーをあと10歳加齢した感じかな。

全13話完結なので安心してみて!

今一番熱いのってドラマだと思うんですよね。ヒットすればシーズンうんちゃらで・・・って全然終わらなくてすっきりしないやつ。(クリフハンガーっていうらしい)

この作品は…エンディングがどうなるのかは書けないのですが、とにかくちゃんと綺麗に13話で終わるので安心してみてください。終わり方も僕はすごく好きな感じでした。

お話の構成としてすごく完成度高くて、よくある「ネトフリオリジナルアニメ」ではなくてよい意味で裏切られました。

ということでもしネットフリックスサブスクしてるなら、ぜひスーパー・クルックス、見てみてください!

まだまだマイナーなのでもっと人気になってほしいなぁって思いつつ、多分人気にはならなんだろうなぁとも思うのでした。

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

広告
最新記事を読む