カルディしか知らない僕が自家焙煎コーヒー生活を始めてみた話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

僕は普段、在宅勤務をしているのですが仕事前とおやつタイムに完全にルーティンとなった儀式があります。

それが、コーヒーを飲むこと。

平日は仕事、休日や仕事外も家で子供三人(しかも末っ子はまだ生後半年)に翻弄される日々ですがこの時間だけは自分に向き合える至高のひととき。

この時間が好きすぎて真剣にコーヒーについて考えた結果、自家焙煎(じかばいせん)までたどり着きました。

焙煎後(左)と生豆(右)
焙煎後(左)と生豆(右)

自家焙煎生活を始めて2週間ほど経過したので感想を書いてみます。なお僕はコーヒー豆に詳しいわけでもなく今までもカルディの「マイルドカルディおいしい^^」って飲んでいる一般人ですので安心してください。

自家焙煎を始めて2週間経過した感想

今までカルディメインでコーヒーを楽しんでいた僕が自家焙煎までやってみたのですが、一言だけ感想を書くとしたら以下に尽きます。

とにかく新鮮でおいしいコーヒーが安く飲める。家で過ごすのが好きなコーヒーホリックな人はやったほうが良い!

理由を説明する前に簡単に僕がたどった道を紹介させてください。

・・・の前に、コーヒーができる工程をまとめました。「コーヒーノコト、チョットシッテル」という方は飛ばしちゃってください。

コーヒーの工程はざっくり4つ

コーヒーを飲むまでの工程はざっくり4つ。

  1. コーヒー豆(生豆)を収穫する
  2. 生豆(きまめ)をロースト(焙煎)する
  3. 焙煎された豆を砕く
  4. 砕いた豆からお湯へコーヒー成分を抽出する

コーヒー豆が良いものであることは大前提で、その豆の特性を考慮して適切な焙煎と粉砕で味の方向性を決め、最後の抽出で決めた味をしっかり引き出します。

最初はコーヒー粉にお湯をかける”4″だけを家でやっていましたが、少し前にグラインダーを購入して”3″も自分でできるように。挽きたてコーヒーのおいしさに気づき、今回は”2″の焙煎を自分でやってみたよっていう話です。

ひな珈琲さんの豆がめちゃくちゃおいしかった

僕はもともとはカルディでコーヒー粉を買って飲んでいたのですが在宅勤務するようになってからはよりおいしいコーヒーを求め、コーヒー豆を砕くグラインダーを入手。カルディのコーヒー豆を都度挽いて飲むようになりました。挽きたてのコーヒーってだけでも美味しく感じるのです。

で特に不満はなかったのですが「よりおいしいコーヒー」が気になってきました。調べたところおいしいコーヒーは結局豆次第、ということでよさそうなコーヒー豆を買ってみることに。

フォロワーさんに昔紹介してもらった神奈川にある自家焙煎でハンドピックもしているコーヒー屋「ひな珈琲」さん。試しに注文してみたのですが、想像以上にコーヒーがおいしくて感動!フルーティだったり香りが複雑だったり後味がすっきりしていたり・・・これが本物のこーひーなのか・・・

気が向いたときにリピートしていたのですが、、、悩みもありました。

豆の値段が高い!!

金額がエグくて、100g当たり760円くらいします。カルディなら200gで500円くらいですので倍以上。決して安くない贅沢品です。

大事に飲んではいたものの僕は毎日2-3杯くらい飲むので継続的に購入するのはかなりお財布キッツーでした。

調べてみると。このお店以外でも評判の高い自家焙煎のコーヒー豆屋さんははまぁまぁ良い値段でした。その代わり良い豆の入手やハンドピック(不出来な豆をはじく)をしていたり。豆に合った適切な焙煎をしてくれているわけなので対価に見合う金額です。でも僕は高いなって思ってしまいました。

豆が日持ちしない!!

ひな珈琲さんのところは3800円以上(だいたい500gくらい)まとめ買いすると送料が無料になるのですが、「焙煎したコーヒー豆はできれば2週間で飲み切ってほしい」とオーナーさんのブログ?に書かれていました。

せっかく(高くて)おいしいコーヒー豆なのに、日にちが経過すると味が劣化するなんてもったいない。貧乏根性よろしくで新鮮なうちに急いで毎日飲んでいる自分がいましたが、なんか違うな?って心のどこかで思っていました。

ちなみに焙煎されたコーヒー豆は2週間。挽いたコーヒー粉はその日のうちに飲むのが理想だそうですよ。もちろん冷蔵庫とか暗いところで保管すれば劣化スピードを抑えることができますが、結局誤差でこの劣化の悩みはずっとついてまわります。

多分最強なのは近所のおいしい自家焙煎してくれるお店を見つけて少量のコーヒー豆を定期的に買うこと。ただコロナもあるので外出はなるべき避けたいの。

自家焙煎をおススメされる

そんなとき、フォロワーではてなブログ時代からからみのあるりょうさんから「自家焙煎おすすめだよ~」と教えていただきました。・・・教えてくれただけでなく記事もかいてくれたのでこれ読めばOK。

ざっくりまとめると以下に集約されます。

  • コスパ最強(カルディは100gで250円だけど生豆なら100gで100円からある)
  • 生豆は長期保管(1年!)できるのでまとめ買いOK
  • いつも焙煎したてが飲めるので美味しい

「安い」「長持ち」「うまい」の3つ揃っているんですね。特に安いは継続的にコーヒーを飲む僕はうれしい。

生豆ってこんな色なのか
生豆ってこんな色なのか

・・・毎日飲むならすぐにペイできるだろうし。なにより自宅でできる新しい事として自家焙煎がとても楽しそうに思えたのです。

ということで焙煎道具を探すために我々はAmazon.comの奥地へと向かった・・・

自家焙煎ってめんどくさい(矛盾)

・・・道具を調べていて気付きました。

自家焙煎なので自分でやらないといけないです。Youtubeで検索すれば自家焙煎の方法がいろいろありますし、鍋だけでも焙煎できるようなので敷居は低めの模様。

ただ動画見ていて思うのは「めんどくさそう」という一点のみでした。

豆が過熱されすぎないように動かし続ける必要があるし、火の強さや豆の状態を常に注視しないといけない。煙も結構出るし、焙煎後も豆を急速冷却するためにうちわでパタパタ扇がないといけないのですがチャフ(カス)がキッチンに大量に飛び散ってるし・・・

日常的に焙煎するならまずは簡単にやりたい。ということで僕は最終的に上記記事でりょうさんがおすすめしていた「ライソンの全自動のホームロースター」を選びました。

ライソン RT-01 ホームロースター
ライソン RT-01 ホームロースター

なので厳密にはこの記事のタイトルは「カルディしか知らない僕が自家焙煎(チート)コーヒー生活を始めてみた話」ですネ。

ボタンだけで焙煎できるLITHON(ライソン)のホームロースターを購入した

数年前にクラウドファンディングがきっかけで商品化されたのがLITHON(ライソン)というメーカーのホームロースター。家庭用のロースターの価格帯としてはかなり安いと思います。

ライソンホームロースターRT-01
ライソンホームロースターRT-01

珈琲ポットみたいな形ですが自家焙煎機。しかも「全自動」なのでボタンを押せば焙煎から冷却そしてチャフの分離までやってくれます。

・・・すでに沢山のレビューがネットに挙げられているので詳細はネットをチェックしてみてください。

公式の使い方の動画だけ紹介。

僕もまだ使い始めて2週間ですが、使ってみたメリットデメリットそれぞれで感想を書きます。

ライソン ホームロースターのメリット

自家焙煎してみて感じたホームロースターの良さはこんなところ。

  • 自家焙煎できる
  • 電気で動くので火の管理不要
  • ボタンを押したら終わるまで放置するだけでOK
  • 「浅・中・深」の3種類の焙煎から選ぶだけ
  • チャフ(豆の薄皮)が飛び散らないのででキッチンを汚さない

「僕みたいに焙煎ってなに?ハゼってなに?でも勉強したくない」という怠惰な人にはピッタリでした。

チャフ(カス)がこうやって飛び散らないのはすごくうれしい
チャフ(カス)がこうやって飛び散らないのはすごくうれしい

ライソン ホームロースターのデメリット

実際二週間使って感じたデメリットは以下でした。

  • 1回で焙煎できる量が少ない(1回で60g)ので何回もやる必要がある
  • 焙煎・冷却時間は約20分。次の運転までのクールタイムがさらに20分必要なので連続使用には向いてない
  • 焙煎度合は「浅・中・深」3コースからしか選べないので味が気に入らなくても使い続ける他ない

週末にまとめて焙煎しているのですが正直焙煎の量は不満あるかな。

ライソンのホームロースターを使ってみた感想

上記でメリットデメリットは書いたのですが、使ってみた感想も少しだけ。

ライソンの音はどうだった?

レビューでもよく出てくる音の大きさ。

ライソンの稼動音は結構大きくて「掃除機がずっと動いている感じ」でした。僕は週末のお昼にながら作業でコーヒー豆を焙煎しているのでそこまで気にならなかったですが夜は近所迷惑になるので焙煎する気が全く起きません。

ライソンのにおいはどうだった?

レビューを読んでいると「焙煎のにおいが妻には不評なので外で焙煎してます」というコメントがありました。

そんなに臭いの?とちょっと警戒していたのですがいざ焙煎してみたら僕も妻も「コーヒー屋さんの香りだ!!」とテンション上がってました。自家焙煎しているコーヒー屋さんの香りが気にならなければOKだと思います。10分あたりで若干焦げたにおいがするのでそこですかね。なお外から帰宅した妻は「外歩いていたら近所にコーヒー屋さんができたのかと思うくらい外まで匂ってた」と話していたので近隣環境も一応気にしたほうが良いかもしれませんね。

なお僕はキッチンのガスコンロ上に置いて換気扇をぶん回しながら焙煎していたので部屋中が臭くなることはなかったです。

気になるライソンで淹れたコーヒーのお味は!?

自分がライソンのホームロースターで焙煎してみたコーヒー豆で早速コーヒーを淹れてみました。

「正直よくわからなかった」という感想がでるかなと思っていたのですが飲んでみると明らかにおいしかった!!

焙煎した豆。普通にお店に並んでるやつだ!
焙煎した豆。普通にお店に並んでるやつだ!

さすがに「届いたばかりのひな珈琲さんの豆」と比べたら香りも弱めで深みも足りない感はありますが、比較対象をカルディの豆とすると明らかに香りも飲みやすさや雑味?も少ないので美味いし飲みやすい。

プロが焙煎したコーヒー豆  >(越えられない壁)> ライソンのホームロースター >> カルディで買ってきた豆

って感じ。

焙煎したてのコーヒーってだけで美味しいし、ドリップするときも泡立ちがすごくてイキイキしてます。

もちろん上記は種類が違うコーヒー豆を使っているので単純比較はできませんが、少なくともコスパ高めのカルディよりも安く、おいしいコーヒーを見つけることはできたのでよしとしたい。

あと、焙煎専門家による飲み比べ動画を見つけたので紹介。やっぱりプロの焙煎には一歩劣るが飲みやすい(生豆の良さを出し切れない)ということみたいですね。

ただ僕レベルだと全然そんな感じがしないの。

ホームロースター買うべき?

「家で安定して焙煎したい」「放置して楽に焙煎したい」「キッチン汚したくない」という”コーヒーの意識が高すぎない人“には向いていると思いました。逆にこの商品に向いていない人は「大量に素早く焙煎したい」「自分好みの焙煎度合で煎りたい。こだわりたい」という方。向いていないのでもっとちゃんとした焙煎機を買ってください。

僕が重視したいのは「焙煎したて」であることだけです。細かい焙煎度についてはその道のプロには絶対かなわないですし競う気もありません。「そこそこ焙煎できていればOK」という感じ。これ以上のおいしいコーヒーを求めるならプロが焙煎した豆を買うと決めたうえで、僕はライソンのホームロースターを購入しましたが今のところまったく後悔はないです。

まとめ

珈琲初心者が自家焙煎(チート)でコーヒー生活を送ってみました。

全自動焙煎機ならボタン一つでできるのでめんどくさいことが嫌いな僕でも継続できそうですし、何より「煎りたて挽きたて」なコーヒーは本当においしいです。

生豆は普通のコーヒー豆より安価に買えるので「いつもコーヒー飲むので安くしたいよ!おいしいコーヒー飲みたいよ!」という人には特に自家焙煎(チート)生活おススメしたい。一年間で元は取れると思います。

コーヒーの生豆についてや焙煎した違いや挽き方や淹れ方などもまた記事にするかもです。研究中なのでコーヒー日記でもつけるかな~。

ーーー

あ、MTBですが全然乗れていないです。子供がまだ小さいので感染リスクは極力下げたいので外出もほぼしていません。(というかTwitterとか見てるとみんなコロナなんてないみたいに毎週遊んでて本当うらやましい) 正直あまりにも出かけな過ぎてアウトドア趣味のモチベーションが下がってきている節があるのですが無理しないで今できること興味あることをやっていこうと思っています。

こんな感じ。

最新記事を読む
広告