リアのブレーキキャリパー部分

【走行5回で?】SRAM Guide Tのブレーキパッドがそろそろ寿命だった

こんにちは。ぼっちバイカーです。

僕のMTBであるIbis Ripmo AFのブレーキはSRAM(スラム)のGuide Tと言うモデルなのですが、洗車がてらブレーキパッドを外したらパッドを見たらかなり減っている事に気がついたんです。

うわっ…私のブレーキパッド、減りすぎ…?
うわっ…私のブレーキパッド、減りすぎ…?

え、まだ購入してから5回くらいしか乗ってないんだけど?!

SRAM GUIDE Tのブレーキパッドが5回走っただけで交換一歩手前まで減ってた

今までオートバイに乗っていたけどブレーキパッドを交換するほど乗ったことがなかったのでブレーキパッド交換は初めてです。

とりあえず今のブレーキが何なのか紹介。

SRAMのエントリー向けブレーキのGUIDE T

ガイド・ティー。Ibis Ripmo AFの純正ブレーキです。

SRAM GUIDE Tのレバー
SRAM GUIDE Tのレバー
SRAM GUIDE Tのキャリパー
SRAM GUIDE Tのキャリパー

パーツの凄さは価格で格付けされているので価格で考えると、スラムから発売されているMTB向けブレーキでは18商品中13位。いわゆるエントリー向けです。

ちなみにGUIDEにはシリーズが出ており、 T < R < RE  < RS って感じでグレードがあり、僕のTはGUIDE四天王の中では最弱(涙)

そんなSram Guide Tですが、YoutubeのRipmo AFのレビューでは聞かないことがないくらい毎回「RIPMO AFは手頃で良いバイクです。ただしブレーキ!テメーはダメだ」って言及されています。

実際GUIDE Tブレーキの効きは悪い

実際、YPJ-XCについているSHIMANO SLXと言うブレーキと比較すると効きが悪いです。まず握りはじめにガツンとこないし、握ってもいまいち効いている気がしないのです。「シマノとスラムでブレーキの感覚が違う」と言われるくらいメーカーによって味付けが違うことを差し引いてもやっぱり効きは良くないかな。

ただ、不満はあるけどわざわざお金かけて交換するほど困っているわけでもないのでとりあえず困るまではそのまま使ってみることにしたんです。その結果、パッドが減って困っている僕がいます。

制動力が低いブレーキはパッドの減りが早い説

MTB仲間から「ブレーキの制動力が低いとパッドの減りが早いのかも」と教えてもらいました。

制動力があまり高くない

引き摺ってる時間が長いまたは結構な強さで引いてる

パッドが減る

もしこれが本当なら制動力が低いGUIDE Tに乗っているとブレーキパッド交換頻度が高くなるってこと。ブレーキパッドって調べたら数千円くらいするし、ブレーキ本体よりお金かかってしまう可能性ががが。

でも僕は怖かったりビビっているときはずっとブレーキを引きながら走っているので人よりもパッドの減りが早いのかもしれません。

どうすればいいのだろう。GUIDE Tには早めに見切りをつけてしまった方がいいのかもしれない運転。

スラムのブレーキパッドの厚さを測る方法

先立つものがないのでブレーキ交換の話は置いておき、とりあえずSRAM GUIDE Tのブレーキパッドの厚みを測ることにしました。ちなみにGUIDE TについてはSRAMのこのページに関連するドキュメントがあります。

キャリパーはこれらのパーツで構成されています。

SRAM GUIDE T Caliper Exploded View
SRAM GUIDE T Caliper Exploded View

自分の自転車からホイールを外し、ブレーキパッドへアクセスします。

ここまで3分でこれる
ここまで3分でこれる
リアのブレーキキャリパー部分
リアのブレーキキャリパー部分

ブレーキパッドを外すには、2.5mmのヘックスで「パッドリテンションボルト」を緩めつつ、先端についているEクリップを外し、パッドを引っ張り出すだけ。

キャリパーのパッドリテンションボルトについているEクリップを外します
キャリパーのパッドリテンションボルトについているEクリップを外します
ブレーキパッドが外れた
ブレーキパッドが外れた
自転車のブレーキパッドはこんな感じ

なお、写真を撮り忘れましたが、パッドを外すのも簡単にできましたよ!

パッドの厚さを測ってみた

写真をみて知り合いからも「ブレーキパッド、減ってない?!」と突っ込まれるくらいブレーキパッドが減っていました。

うわっ…私のブレーキパッド、減りすぎ…?
うわっ…私のブレーキパッド、減りすぎ…?

いや、ブレーキパッドは消耗品だから減ったら交換すればいいのはわかる。でもまだ5回しか乗ってないんだぜ・・?

ノギスで測ったら3.4mmだった

この手の測定はノギスと言うアイテムが必要になります。

ネットで700円だったノギス
ネットで700円だったノギス

かっちった//

測ってみるとパッドの厚さは3.4mmでした。

マニュアルによると「3mm以下になったら交換してね!」と書かれていたのでセーフ!!でも、パッド交換の秒読みはすでに始まっています・・・

測定の仕方
測定する時はパッドの土台とパッド本体を合わせた厚さを調べる

不安だ・・

ブレーキアップグレード?乗り方改善?

このままだとパッド交換してもまた5回走ったらこんな感じになってしまうのかな?と不安。。

僕ができる対策は以下二つです

  • 乗り方(握り方)を優しくしてブレーキをあまり引かない
  • ブレーキをアップグレードする

前者の方が自然だし、ブレーキしないで走ったら上手くなるだろうなぁ。怪我が怖いけど()

後者のブレーキパーツのアップグレードは夢があります。でも、良いブレーキはもちろん結構いい値段します。制動力が高まってパッドの減りを防げるかもだけど最近お金使いすぎているので節約したい・・・。

「とりあえずブレーキパッドを買って延命かなぁ」と思っているのですが互換性が全然わからん・・・どれ買えばええんや・・・。

まとめ

SRAM GUIDE Tのブレーキパッドが予想以上に早く減っていたため驚いた話とブレーキパッドの確認手順を書きました。

今回パーツを触ったり調べたりして感じたのは、自転車パーツって簡単に分解できるし作りがシンプルでネットのドキュメントがすごく丁寧。日本語マニュアルも多い!ってこと。

徐々にですが自転車メンテも自分でできるようになれるといいなぁ。

特にオチはないですが、こんな感じ。

created by Rinker
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥736 (2020/07/02 15:01:30時点 Amazon調べ-詳細)
リアのブレーキキャリパー部分
最新記事を読む
広告