サス用のポンプも用意したのでいつでも空気圧調整できる!

Ibis Ripmo AFのサスペンション初期セッティングがおかしかったことに気づいた話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

先月納車されたIbis Ripmo AFですが、とっても楽しいです。

Ripmo AFくんかっこいい・・・
Ripmo AFくんかっこいい・・・

登りもそんなに苦しくない(ような気がする)し下りもいい感じ。

なのですが、MTBに詳しい仲間の方からこんなツッコミが。

ブログで書いていたサスの空気圧、マニュアルとかけ離れていない?

正直サスの事とかよくわからないしMTB専門ショップでセットアップしてもらったのだから間違っているはずはないはず・・・がツッコミの内容がかなり具体的だったのでマニュアルとにらめっこ。その結果、確かにマニュアルの推奨値から大きく違っていました。

え?そんなことあるの?!

今日はそういう記事です。

納車時の初期セットアップがおかしかったことに気づいた

この記事は別にショップをDisる目的ではないです。人間誰しもミスはあるし、大きな損失とか怪我とかしない限りは僕は笑って許してあげたいと思うタイプだからです。でも僕と同じ状況になったときに気づかずに怪我したりバイクを壊したりしないよう「こういうこともあるんだよ」っていうのを知ってもらいたく記事を書きました

納車の記事で書いていますが納車時にサグだしという僕の体重や体格に合わせたサスペンションセッティングをしてもらいました。自転車に乗った時の初期のサスの沈みを調整することで初めて自転車に正しく乗ることができるのです。調整する際に大事なのがサスペンションのエア圧。

サグだしの結果、僕の前後サスペンションのエア圧は以下でした。説明を受けたものの絶対忘れるのでマニュアルに数値を書いて頂きました。

フロント リア
185 PSI 170PSI

で、上記値をみてMTB仲間の方が「あれ?」と気づいて下さったのです。

サスペンションのエア圧や設定には推奨値がある

僕はサスペンションについて素人ですが、調べたところ体重からおおよその空気圧や各種機能の推奨値が決まっています。推奨値はサスのドキュメントに書かれています。Ripmo AFについているサスペンションはフロントが「DVO Diamond」リアが「DVO Topaz」なのでその名前を入れれば日本語のマニュアルページがヒットするはず。

念のためマニュアルページのリンクを残します。※リンク先はPDFで”ギガ”を食うので注意!

DVO Diamond
http://tech.dvosuspension.com/wp-content/uploads/2016/12/DVO-Suspension-Diamond-Owners-Manual-Japanese.pdf

DVO Topaz
http://tech.dvosuspension.com/wp-content/uploads/2016/12/DVO-Suspension-Diamond-Owners-Manual-Japanese.pdf

どちらも日本語です。

でで、マニュアルをみるとこんな感じで体重ごとのセッティング推奨値が書かれています。

DVO Diamondのエア圧推奨値
DVO Diamondのエア圧推奨値
DOV Topazのエア圧推奨値
DOV Topazのエア圧推奨値

僕は体重82-83kgなのでエア圧はフロントは125-130psi、リアは200-210psiだなってなるわけです。

サス用のポンプも用意したのでいつでも空気圧調整できる!
サス用のポンプも用意したのでいつでも空気圧調整できる!

初期設定してもらった値とマニュアルの推奨値を比較すると・・・

フロント リア
初期設定 185psi 170psi
推奨値 125-130psi 200-210psi
フロントもリアもかなり離れています。というかフロントのエア圧は最大でも170psiなのに185psiって上限超えてね?!?
なおこれらは全部MTB仲間の方からのツッコミがあってわかったこと。僕は気づくことすらできなかったです・・・

ショップに確認してみたらやっぱり間違っていた

ということで自転車屋さんへ確認。「フロントは85psiだったのを書き間違えたかも」「リアのエア圧はフレームのリンク構造で変わる」と返信がきたものの、結局どうすれば良いのかわからず、お店に持って行きました。

再度サグだしを行った結果、以下エア圧に落ち着きました。

フロント リア
初期設定 185psi 170psi
推奨値 125-130psi 200-210psi
再設定後 125psi 190psi
サグ量はフロント20%、リアは25%。なおフロントのエア圧を調べたら実際には125psi入ってました。185psiというのは書き間違えだったようです。。。もし僕が思考停止してフロントに185psi入れて走っていたらサスペンション壊してしまっていたかもしれない・・・と思うとゾッとするし、お店任せて自分で何も考えないとこんな事態になるのか・・・と震えました。
ちなみにリアのエア圧は推奨値より低めですがこれはRipmo AFのDW-Linkだとこうなる、というようなことを説明受けました。

それ以外にもいくつか・・・

サス以外でも気になることが。

NX Eagleのクランクを止めるパーツ?が一回乗ったら落ちてしまったり・・・
NX Eagleのクランクを止めるパーツ?が一回乗っただけで落ちてしまったり・・・(たまたま知り合いが拾ってくれたからよかった・・・)
チェーンがよく落ちたり、ギアチェンジしづらいと思ったらリアのアクスルシャフトがゆるゆるだったり・・・
チェーンがよく落ちたりギアチェンジしづらいと思って点検してたらリアのアクスルシャフトがゆるゆるだったり・・・

僕が増し締めしていればよかったのでしょうが、まさかたったの数回でここまで緩むなんて・・・オフ車と比べてもかなりパーツが緩むのが早いし、初期整備で増し締め不足してる気が・・・しなくもなくもなくもなくも無い気がする。

MTBって自己責任感を強く持たないといけないのかもしれない

マウンテンバイクを最初調べていたとき「自転車はネットで買って自分で組み立てる人もいるけどちゃんと整備できていなかったりちゃんとセッティングが出ないから自転車屋さんで購入すべき」と声高らかに叫ぶ自転車屋が非常に多く、それを信じてお店で買いました。が、任せっきりでも自分が勉強不足だとこういうことになるよ。というお話でした。

今回お店はたまたまミスだったのだと思いますが、やっぱりモチベーションは下がるし、正直もう作業をお願いするのが怖い。またこうなる前に納車後は増し締め確認をしたり、エア圧やセッティングが本当に正しいか確認したりと、お店の対応を疑ってかかるくらいでないといけないのかなって。

MTB自体は楽しいですが、なんかこう・・・もやっとしたのでした。これは自分で整備とかもチャレンジしろっていうMTBの神様からのおぼしお召しなのかもしれない(遠い目)
というかMTB初心者にこれは無理ゲーだろ。もっと色々書きたいことはあるけど意味がないので飲み込みつつ、ネットの整備動画で勉強しようと心に決めたのでした。
こんな感じ。
サス用のポンプも用意したのでいつでも空気圧調整できる!
最新記事を読む
広告