60万円の自転車を購入することを妻に相談したら全力で反対された話

MTB

こんにちは。ぼっちバイカーです。

近いうちにフルサスペンションのマウンテンバイク(MTB)を購入したいなぁと思い、妻に相談したんです。予算感として60万円前後になりそうだったのでその旨を伝えましたが予想以上の反対を受けました。

ちょっと生々しいですが、たまにはこういう激寒自分語りというかプライベートなことを書いてみます。

妻に60万円の自転車を買うことを相談したら反対された

ちょっとだけ自分語りすると、僕は元々オフロードバイクに乗っており110万円くらいするバイクを購入してレースやらイベントやらで楽しんでいました。

KTM 250EXC
KTM 250EXC

オフロードバイクは本当に楽しいのですが、時間とお金がかかるのと家族に共有し辛く、eMTBに移行しました。

ハードな路面は向いてないと思ったけど・・・

最初はMTBはオフロードバイクの刺激を少しでも感じられたらと思っていたのですが、予想以上に楽しくオフロードバイクとはまた違った楽しみもある。まだしばらくはオフロードバイク復帰できそうにないし、MTBを練習することでオフロードバイク復活するときに役立つはずだなって。

今乗っているMTBはハードテールという後ろにサスペンションがついていないモデルなのですが、練習するならフルサスペンションのMTBが欲しくなり、思いっきり楽しむために色々調べてわかった価格帯が60万円前後でした。

一般人にとって自転車が60万円するのは信じられないらしい

冒頭の通り60万円くらいの自転車を書いたいことを妻に伝えました。

妻の第一の反応は「60万円の自転車?信じられない!!」という感じ。妻からしたら自転車は数万円で買えるもので、それが10万円ですら信じられないって感じだったのでその6倍の金額には閉口するしかないって感じだったのだと思います。

確かに車体にエンジンがついて自走で北海道だっていけてまうオートバイだって、60万円出せば新車のHondaのレブル250が買えてしまいます。

Honda Rebel 250
Honda Rebel 250

エンジンもついていなければ自走もしない、今流行りなeMTBでもないです。ただのペダルを漕ぐと進む自転車に確かに60万円は高いと思います。

でもMTBって高いやつは普通に100万円超えるし、ロードバイクだと100万円はざらにある。それは日本だけじゃなく海外でも同じです。(とはいえ調べると海外より10万円くらい高くなる模様)

60万円は高いですが決して最高級品ってわけではない。お金があるなら買ってもそんなに人生を狂わすような値段ではないと思っています。

家計に影響を与えない範囲での出費とは

うちには子供が二人おり二人ともまだ未就学児です。これからお金がかかるのはわかるし今は貯金をすべき時期、というのもわかる。でも子供については学資保険にもちゃんと入ってるし、貯金や現金以外の貯蓄もあるし、会社の収入は全部家庭にぶっ込んでます。

じゃあどうやって60万円捻出するの?

→オフロードバイクを売ったお金と足りない分はブログ収入からです。

ブログ収入はへそくりとして貯めてて、いずれ時期がきたらバイクとバイクを運ぶためのトランポを買うための資金として使うつもりでした。通勤時間や家族が寝静まってからブログ書いたりして細々と溜めたお金。そういう意味で、本来なかったお金だし家計に影響を与えない出費じゃないの?

僕は少なくともそういう認識で話し合いに挑みました。

60万円は認められない。理由は…認められないから。

話し合い、とよべるものではなかったですが、だいたいこんな感じでした。

僕「ブログの収入でやりくりしているしこの60万円が無くなったら具体的に何が困るのか教えて欲しい。僕は影響はないと思っている」

妻「影響はないかもしれないけど60万円の自転車を買うなんて認られない。そのお金があれば海外旅行も行けるし…うまく説明できないけど認めるわけにはいかない。」

僕「じゃあ50万円なら?40万円ならいいの?」

妻「そう言われるといくらまでとかそういう話ではないし、老後とか不安。老後お金があってからやればいいのでは?」

僕「え・・・」

正直僕には理解できませんでした。

確かにお財布が違っていてもお金はお金だし60万円使って楽しいのは僕だけです。でもやっぱり納得できなかった。

お金は若い時に使うほど価値がある

全てではないですがお金は若い時に使うほど価値があると思います。

例えばクラブ。お金がないからって10年後に行っても10年前と同じ体験ができるわけではないです。クラブでいい年でメタボなおっさんがノリノリで「ウェイー!」とかやってたら引きますよね?年相応の遊び方って割とどんなことでもあると思っています。例えばMTB。10年後に始めた場合、僕は43才。もちろんその年で初めても楽しいと思いますが、今始めた方が体力はもちろん、何よりモチベーションが高いんです。まぁ33才の僕が若いとは言えないですがそれでも34才の僕よりは若い。明日よりも今日!!

「今貯金が全然なくて家族を食わせるだけでギリギリ」っていう状況ならそんなこと言っていられないですが、家計には影響を与えないお金でやるんだし別にローンを組むと言っているわけでもない。

過去にも書いていますが僕は残念ながら家族と仕事だけにフルコミットできる人間ではなく、自分の趣味も1割でもいいのでないと生きていけないタイプの人間です。それに息子は自転車が好きなので親子の趣味としてMTBをやりたいとも思っていました。

「いつかお金の心配が無くなったら」なんてのを待っていたくないし、僕は今やりたいのです。

冷静に考えて60万円の自転車は高いと思う

これを伝えても妻は「お前は何を言っているんだ?」状態でした。

妻には全然理解できないのは・・・まぁ知ってた。妻なので。

それにこの記事を書きながら冷静になってみると60万円の自転車って本当に高いと思います。60万円かけなくても充実感って得られるんじゃないの?って。妻が質問してくるのもわかるし、そう言う頑固なくらいしっかりしているから結婚したのです。

60万円をチャリなんかに使わずに投資したらひと財産(?)になるかもしれないし、60万円で家族旅行にいったら一生物の思い出になるかもしれない。ってか既婚の友達が突然「60万円の自転車欲しい」とか言い出したら多分「こいつ頭大丈夫か?」ってなると思う。

でもそれでも僕にとっては価値があると思うし維持費もかからないわけだし、オフロードバイクと比べたら安くはないですが決して無理な買い物だとは思えません。

結婚が大変な理由はこれ

「お金はあるんだし妻はほっといてこのまま買えばええやん。昭和内弁慶よろしく”俺が稼いだ金だぞ!専業主婦なんだから文句言うな!”とか言えばいいのでは?」って考えも一瞬よぎりました。でもそれやったら多分一生負い目に感じますし家族と笑顔で会話できなくなる。知り合いので 買い物共有プロセスをスキップした結果、”決して埋まらない溝”が生まれてしまったケースを僕は何度も見聞きしてきたのです。

自分のお金を自由に使えない。」結婚した人たちがよく言うセリフですがまぁわかります。自分だけなら思い立った時に思ったように動けるし、お金や仕事が無くなっても影響を受けるのは自分だけです。それが結婚して家族ができると一挙手一挙動とまでは言わないですが決済に家族の共有が必要だし今回みたいに反対されることもあります。好きな相手だからこそ戦うのは辛いです。

結局、今回の対話では納得できる理由は教えてもらえなかったし正直妻の反対の理由は半分以上理解できないけど、家族をひいては僕を想っての反対です。本当に興味ない他人なら「ええやん(知らんけど)」になるはず。

相手を説得するのは大変だし多分諦めたり別れた方が楽。でも向き合ってちゃんと認めてもらえれば気持ちよく今後も生きていけるはず。妻にとっては悩みのタネだろうけど、懲りずに交渉と言うか意見のすり合わせをしていきたいと思っています。

他の家庭はどうしてるんだろう?

収入の差は多少あるにせよ、他のご家庭ではこの手の問題ってどうなっているのかすごく気になります。

「育児中なんだから趣味とかやるんじゃねー!」っていうパターンの人もいるだろうし、「自分で稼いだお金なんだから使い方は自由」って言う人もいるはず。それに「貯金はいくらあっても足りないんだから馬鹿なこと言ってないでブログで得た収益全部生活費の口座に移せ」と言う人もいるかもだし「そこまで言うなら私もやるから60万円で私の分も買ってくれ」と言うパターンもいるかもしれません。「60万円なんてない」と言う人ももしかしたらいるのかも?

妻に60万円の自転車の価値を伝える方法はないのか?家庭だけの人間になればいいのかもですが、せっかく一度きりの人生。仕事も家庭も趣味も全部バランスしたい、と言う思いは結婚したら諦めないといけないの?

結論とかオチはないですがとりあえず今感情が昂っており、Twitter開いたら後で後悔するようなことをひたすら書きそうなのでアプリを消しました。しばらくオフラインで妻と対話を重ね、お互い納得できる落とし所を探って行きたいです。

こんな感じ。

created by Rinker
¥1,144 (2020/09/28 10:36:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

最新記事を読む
広告