【MTB聖地】富士見パノラマリゾートへIBIS RipmoAFで行ってきた話

こんにちは。ぼっちバイカーです。

久々にMTB(マウンテンバイク)で遊んできました。おそらく一年ぶり。行ってきたのはマウンテンバイカーの聖地、というか最も有名であろうコース「富士見パノラマリゾート」です。

富士見パノラマリゾートのインスタ映えスポット

楽しかった!!!

富士見パノラマリゾートって何?

富士見パノラマリゾートは長野県にあるマウンテンバイクコース。ゲレンデを利用した傾斜のあるコースで上りはリフトやゴンドラがあるので下りだけ楽しめます。

初心者から上級者まで色々なコースがあり、関東のマウンテンバイク乗りの間では知らない人はいない、というほど人気のコースです。

富士見パノラマのコースマップ

このコースは有名だし色々な人が初心者向けに解説していますので気になる方はぜひチェックしてみてください。

あ、「バイク乗りが富士見パノラマでMTBに乗ったらどんな感じ?」が気になる方は、ちょうど僕が遊びに行った前日にこのコースにこられていたYoutuberの「ポンコツライダーズ」さんのこの動画をチェックしてみてください。まじでこんな感じです。

Twitterで絡みがあったので紹介。動画を見るとやり取りだけで楽しそうでうらやましい。

今回はふくろうさんの知り合いさん達と!

富士見パノラマリゾートはいつか行ってみたいと思っていたのですがなかなか行くタイミングがなく、今回Twitter繋がりのふくろうさんからお誘い頂き、ついに行けることに。

現地に8:00到着の予定でしたがオリンピック関連で道が予想より混んでおり8:30ちょっと前に到着。8:30からゴンドラやリフトが動き始めるとのことで慌てて準備します。

まじで久々に乗るIbis RIpmoAFくん

どうやらフクロウさんの知り合いの方(全員で9名?!)と一緒に行動することになるようで、人見知りの僕は一気に緊張。とりあえず挨拶しつつ、「もともとオフ車乗ってました」と伝えると「ああ、じゃあ全然大丈夫ですよダイジョブダイジョブ」とどこかで聞いたことがあるようなフレーズを聞きつつ、自転車準備と着替え完了。

オフロードバイク用のフルフェイスヘルメットも持ってきましたがあまりの暑さに断念。トレイル用のハーフヘルメットで走ることにしました。

チケットは5000円!モンベル会員は割引あり。

リフト・ゴンドラのチケットは一日券で5000円でした。スノボード感覚ですね。あと一日の任意保険も200円だったので加入。なんでも山で怪我したらATVとか山へ救護しにいく人件費を負担してもらえるのだとか。怪我するつもりはないけど念の為入っておくことに。

チケットセンター

僕の前の人たちはモンベルの会員?だったようで、受付でディスカウント効いていたようです。モンベル会員の方は会員証を持っていこう!

受け取ったチケットをMTBのトップチューブに貼り付け、準備OK!

ひさしぶりのMTBは恐怖でしかなかった

本当に久々のMTBなのでふくろうさんにお願いして初級者コースから始めました。

専用リフトに乗って上へ行きます。

初心者コースのリフト

初心者コースを一本目走った感想は「シンプルにこわい」でした。

初心者コース

ちょっとした石に乗り上げるだけで怖いし、カーブもどうやって曲がっていたかわからない。とにかく自分のバイクが信じられなくて恐怖でしかなかったです。

初心者コースの時点でこれなのでマジで「もう家に帰ってApex(ゲーム)したい涙」ってなりました。

MTB自体はちゃんと走ってくれているのでが、乗り手がとにかくビビって体が硬いのが自分でもわかる。とりあえず転ばないで降りてこれました。。。これマジで油断したら即怪我するぞ今日・・・

降りてくると先に下って待っていたふくろうさんが「他のみんなが頂上で待っているのでゴンドラで上行きましょう」とのことで、ゴンドラで頂上を目指します。

ゴンドラに乗るのは楽しみだけど降りてこれるのか、心配で仕方なかった。

初めてのゴンドラwith MTB

ゴンドラ乗り場があるのでチャリで向かいます。

気づいたのは、MTBユーザー以上にハイカー?一般観光客?が多かったこと。

老夫婦だけでなく家族連れも多かったので「車できて手ぶらでゴンドラで頂上へ行くアクティビティスポット」として有名なのかもしれません。すごくキレイな服を来ている一般人の横でドロドロの派手なジャージを着た汗臭いMTB乗りがいる感じはなかなかすごかった。

コロナ対策で小屋?みたいなのがあり中で消毒液がミストされてたりとそれっぽくてちょっと楽しかった。

誘ってくれたふくろうさん。気づいたらDH(ダウンヒル)バイク増車してた

ゴンドラにどうやってMTBをのせるのかなって思ったら、室内に自分で入れるスタイル。

デデン!

COVID9のせいか、一人1ゴンドラだったのでめちゃめちゃ快適。鼻歌なんかを歌いながら自分のMTBを眺めつつ、外の景色を眺めながらTwitterをする素敵時間で最高でした。

室内はやや暑いけど我慢できるレベル

そして振り返ると・・・

最高だぜ

スノーボードを一時期やっていたのでゴンドラ自体はなれていますが、こう雪がないと結構怖いですね。あと一日を通して二回くらいゴンドラが緊急停止しました。振り子よろしくすごい勢いでゆれてマジでこわかった。

15分くらいかかったかな?頂上に到着しました。

頂上にはお洒落なカフェが!!

頂上にはカフェがあり、一般客やハイカーの人が椅子に座って絶景を眺めながらアイスやドリンク、スイーツを楽しんでいました。

これをしにみんなゴンドラで上ってくるんだなぁ。

頂上のおしゃれで絶景が楽しめるカフェ

僕もカフェでゆっくりと景色を眺めたり、冷たいソフトクリームを楽しみつつ、僕の愛車をブログネタと称して写真をパシャパシャしたかったのですが、全裸監督並に他の方をお待たせしすぎてしまったかもしれません状況だったので自重。案の定、到着したら「よし、全員揃ったね?行きましょう!」とリーダー的な人の号令でダウンヒルスタート。

おしゃれカフェの横道をちょっと上り、そこからは関東屈指のマウンテンバイクコースの始まり始まり。

富士見パノラマリゾートのコース、かなり怖い!!

コース自体は斜度がずっとあるのでブレーキしないと速度がどんどん上がっていく仕様。なのでブレーキをかけてスピードコントロールしながら降りていく感じ。構成はウッズ7割・ゲレンデ3割って感じでした。

こんな感じのシングルトラックが多い

コースの大半はシングルトラックを走る感じ。里山トレイルとかだとこのシングルトラック下り10秒程度のために20分とか登らされるので、ありがてぇと感謝しかない。

ただ、隣が常に崖(というか斜面)なのでコースアウトがマジで怖い。何度か石にフロントタイヤを弾かれて谷側に落ちそうになったし、怖すぎでした。場所にもよりますが前半の道は結構ガレ(石がゴロゴロしてたり砂利道だったり)で、一年ぶりくらいに山にきたシティボーイの僕には恐怖を誘うには十分の大きさと量でしたね。

ガレ場もある

他の人はどうかな?と思ったのですがあっという間にコーナーに消えていき、しんがりを務めてくださっている最後の方に迷惑をかけながらゆっくりと下ります。乗り物に乗っていなかった空白の一年があったにせよ、想像以上に怖くてもう一本でお腹いっぱいって感じ。とにかく後ろの人が気になって全く落ち着いて走れないし、ずっとスタンディングなので一本目にして既に膝がきつかったりと自分の無能さを感じる1本目でした。

暑い夏の日でしたが山の上は風もあって涼しく、天気も良いので見晴らしもよくて最高でしたが、そんなの感じている余裕は全く無かった。

午前中は観光客で混むのでリフトで楽しむ

なんとか下まで転ばずに降りて来ました。

ゴンドラ乗り場へ行くと、30-40分くらいの列が。通りすがりの係の人とお話すると、殆どが観光客でどうやら今がピークとのこと。ということで頂上目指すのは午後からにとっておき、リフトで中距離移動して下ってを何度か繰り返しました。一本走るごとにだんだんとですがMTBに慣れてきて、減速しないで坂道をパスしたり、コーナーでビビらずに曲がれたり、軽い段差をうまくさばけたりと楽しいと思える瞬間が少しずつ増えてきました。

みんなが雑談しているスキを狙って撮影

ここ休憩スポットなので周りに人が沢山いるし、焦って自転車を立て掛けて写真撮影したのですが、撮影直前に前輪がくるっと回ってしまいかっこ悪い写真に・・・。今から考えたら看板の後ろに立てかければよかったな(反省)

お昼ごはんは大満足!

ようやく少しだけなれてきたかな?ってなったあたりでちょうどランチタイムとなりました。

お昼休憩だーーー!

人権がある施設なのでレストランがあります。

レストラン「オリオン」

山のレストランってレトルトカレーが1000円って想像してしまいがちですが、ここはそんなことはないです。金額は1000円前後ですが量は多いし独自メニュー(トマトラーメン?)もあります。

どれも美味しそう!

値段は山価格ですが、レトルトをそのまま出している感じではないですね。

MTB乗りの列が!

ここでも気になったのが、レストラン利用客の半分くらいは一般観光客なんです。なかでも小さい子供を連れているパパママが子供をだっこしつつ料理を注文してうろちょろする子供を捕まえつつ食事の準備をして、ご飯を食べさている風景を見ていると僕だけ遊んでしまっててうちの家族に申し訳ねぇ…とちょっと罪悪感を覚えてしまう。

そんな感じでぼぉっとしていると僕の注文した料理が出来上がりました。

信州名物「山賊焼」定食!!

山賊焼きは長野の松本市・塩尻市発のグルメで、鶏肉をニンニクの効いたタレに漬け込み、片栗粉をまぶして揚げたものだそうです。唐揚げとは違うらしい。名前がワクワクするよね。山賊焼き。

イメージはこんなん

ご飯普通盛りでもかなりボリュームがあって、おなかすいてたのに満腹で吐きそうになるくらい量が多かったです。味も美味しかった!!おすすめできます。

午後は楽しく走れた!

午後になり、満腹のお腹が気になりつつゴンドラへ。

お昼もいい天気!!最高!!

お天気が素晴らしく、温かい。正直あまり前日に眠れていなかったのでウトウトしつつ、気づいたら頂上についていました。

がやっぱり走り慣れていないので慎重に下ります。

途中の分岐でルート会議。ドロップオフ(段差)のコースに行こう!となりましたが昼一発目でまだ怖いし、ちょっと怪我したくなかったので「僕だけ前と同じコースでおります」と伝えたところ、「一人じゃだめだろ」ってなって結局みんな前回と同じコースを走ることになってしまい、申し訳なかった・・・

おかげで最初の時よりもスピードだして気持ちよく走れて楽しかった!無理してでもドロップオフやめておいてよかったなって。

雷雲がやってきた

でで、下っている途中で怪しい真っ黒な雲がすごいスピードで近づいて来ました。

実際、ものすごい雷音が何度も鳴り響いておりさっきまで晴れていた空は雨模様。なんならちょっと降ってます。

リーダー的な方?が「危ないので今日はこれ下ったりおしまいにしましょう」となり、残りの楽しい下りをマイペースに楽しみました。

。。。

正直、足がパンパンできつかったので雷雲に救われました。

温泉は絶対。絶対だ。

無事最後まで走りきってパドックに到着するとちょうど雨がポタポタと振り始めて来ました。急いで撤収。オフ車と違ってMTBは数分で片付けられるので良いです。

片付けたら皆さんでオススメ?の温泉に行くことに。

車でついていくとどうやら温泉の駐車場がいっぱいのようでちょっと時間かかりそう。そもそも9人分の車を停めるのは大変だろうし、僕自体部外者なので空気を読んで辞退し、ここで流れ解散となりました。

でもね?

・・・温泉入りたいじゃない?

山梨県ほったらかし温泉にきた

ということで高速道路バビューンして山梨県で有名なほったらかし温泉にやってきました。

やったぜ!

長野の温泉でぐぐって冒険するのも良かったのですが、意外と早い時間に解散となったので久しぶりにやってきました。

コロナのウィルスに負けず大盛況でしたね!

「え?・・・ゆるキャン⊿?なんです?それ?見たことないですけど?」

・・・

これめちゃうまだった。

帰りはゆっくり帰る作戦にした

週末の中央道は地獄。ぼくしってる。

ということでこうなったら日が変わる前あたりに到着する「ゆっくり帰る作戦」で行くことに。お腹が空いてきたので甲府のいい感じのお店でお蕎麦をいただきます。

料理も美味しかったけど、それよりもお店の店員さんがいい意味で擦れてなくて可愛かった。オーダー間違えたり、水持ってきてくれなかったり、あわあわしながら働いている姿を眺めてるだけで癒やされた。

ついでにそのまま少しだけ仮眠させて頂き、スッキリ!!さ、帰るぞー!

八王子料金所が地獄だった

中央道名物、無限小仏トンネル渋滞は狙い通り、僕が通過する頃にはほぼ解消されていました。計画通り!と思っていたら八王子あたりから20分ほど渋滞に・・・

なんで?と思ったらオリンピック関係の規制で料金所が絞られていたのです。

10分の2に!!

八王子インター渋滞

「普段10ゲートある料金所のうちETCゲートが1つ、一般が1つに絞られている」状況だったせいでひどい渋滞でした。緊急時っていう意味なんだろうけど、流石に絞り過ぎでは?せめて一般/ETCのゲートを開けてほしかった。延々とETCゲートに合流する渋滞が起きていたってわけです。まぁこれを調べなかった僕が悪い。

翌日の洗車が懐かしかった

なんとか帰宅し、洗濯物など片付けつつ爆睡。翌日朝起きてMTBの掃除です。

写真だと分かりづらいけど全体的に砂埃で汚れてる

こういう洗車とか久しくやっていなかったので懐かしい。MTBはパーツも少ないし手洗いしやすいのでさっとできちゃいます。数年前はドロドロのオフロードバイクを1-2時間かけて毎週の掃除していたなぁといろいろ今から考えると感慨深い。

そしてまた家に戻されたRipmoAF君

次はいつ乗れるかな?

富士見パノラマリゾートはどうだった?

MTBの聖地と呼ばれているだけあって、自転車のプロモーションムービーで出てきそうな気持ちの良いシングルトラックやテクニカルなセクションもあってかなり楽しめました。

MTB初心者の僕でもブレーキ掛けながらゆっくり下れば楽しめる部分はあるので、自転車に乗れる友達がいるなら、レンタル利用で遊びに行ってみるのはかなりアリだと思いますよ!

今回はふくろうさんとお知り合いの皆さんに色々教えてもらったりしたので安心して楽しめました。

ハードテールでも行けるけどできればフルサス!

ダウンヒルがメインなのでクロスカントリーとか好きな人だとどうなのかわかりませんが、一緒に走っていた人の大半はハードテイルだったのであまり気負わなくても良いのかも?

でも他のMTB乗りを見ていると、山梨にある「ふじてん」よりもフルサス勢が多い、というか大半はフルサスMTB乗りだったのでやっぱりハードテールよりはフルサスのほうが楽しめる気がしますな。

家族連れでも楽しめる!

施設が充実しているのが良かったですね。これなら奥さんとか子供を連れて行っても十分楽しめると感じました。

初心者向けのコースなら子供でも走れそうだし、奥さんや下の子供達はゴンドラでカフェでお茶してもらったりで楽しめそうだし。

久しぶりのMTBはどうだった?

今思い返すと楽しかったなぁっとなるのですが、現地では一年間くらいMTBに乗っておらずブランクがすごいせいで、正直「怖い」印象が大半でした。後半は少し楽しくなってきた感じ。最後数本の下りでは楽しいと思える部分が出てきたのでもっと乗っていけば自転車と仲良く慣れて楽しいが増えていく気がします。

が正直コロナウィルスが騒がれている中であえて「他県へ行って毎週MTBやりたい!」というところまでモチベーションは上がらなかった。たまに気分転換に乗るのは楽しいのですが、毎週5000円+交通費は結構きついです。

里山トレイルとか走るのが一番良いのでしょうが、体力や筋力が無いので他の人とペース合わないし楽しめないのですよね。やっぱり裏山とか家の近くに野山ある田舎に住んでないと気軽に乗れないので、改めてこの趣味は難しいと感じました。

とはいえ、MTBは維持費がかからないのでマイペースに楽しんで行きたいと思います!乗ると面白いしもっとうまくなりたい!

こんな感じ。

 

広告
最新記事を読む